私達は知らない。この惑星のこと、他の惑星のこと。『惑星科学』という学問を知っていますか?

理の惑星とは

『惑星科学』という学問を知っていますか?その名の通り、惑星について研究する学問です。私達が住んでいるこの地球のことを知り、太陽系のことを知り、太陽系の外の惑星を知るための学問です。「理の惑星」では、その『惑星科学』での研究内容と成果に着目し、みなさんに『体感』し、自分自身の『理』と出会っていただくことを目的としています。

『この世界の理』とは何か。その問いに対する私達なりの答えを、お見せできればと思います。

※「理の惑星」は4人の若き科学者と、4人の技術者の情熱から誕生し、制作・運営されています。

「理の惑星」へのメッセージ

日本の惑星科学の第一人者であり、「理の惑星」のアドバイザーをしていただいている研究者のお二人から、メッセージをいただきました。

みなさんが日常生活を送っているのは地球だ。地球は惑星のひとつで、他の惑星とともに太陽のまわりをぐるぐる公転している。公転のスピードは、なんと時速10万キロメートル。おまけに月という衛星を従えて自転までしている。一方で、太陽系は全体として、時速70万キロメートルで銀河系の中をまわっている。

別にそんな複雑なシステムの惑星の上に乗っていると意識しなくても、日々の生活には支障はない。だけれども、季節が巡ったり、宵の明星が見えたり、潮の満ち引きがあったりするのも、地球が太陽のまわりをまわっている惑星だからだし、何よりも、そんなシステムの中にみなさんが暮らしているっていうことは、すごいことだとは思いませんか?

45億年ほど前に太陽や他の惑星とともに地球は誕生した。太陽系には始まりがあったのだ。そして、太陽系のような惑星系が生まれることは、この宇宙の中で特別なことではなくて、最新の天体観測、コンピュータ・シミュレーションが示すことは、夜空に光る星々のほとんどに惑星系がまわっているはずだということだ。

じゃあ、宇宙のそこらじゅうで、人々が日常を送っているかといえば、そう単純な話ではないだろう。

惑星系ができるということは、とても繊細なプロセスで、作られる惑星系はとても多彩なのだ。

井田 茂(東京工業大学 地球生命研究所 教授)

「藤本君、研究とは真実をめぐる人間ドラマだよ」とは、20年前、まだ若かった藤本に今では超有名大学の学長までに昇り詰められたお方が言われたお言葉である。まったくその通りだと、最近思うようになった。が、学長にまでなられたお方とは全く異なるメンタリティーを藤本は持つので、おそらくは全く違う意味でだと思う。

研究という作業は、論理的で曖昧さを排除して進められる「冷たい」もののように思われるかもしれない。
実際、成果として公表する際にはそういう態度が求められる。
が、現場は驚くほど人間臭い。特に惑星科学の場合、「楽しい」「ワクワクする」ということが研究をドライヴする第一の力である。移動の車中や彼女の買い物といった空き時間が出来た途端、頭の中でアイディアを転がし始めるのが研究者である。障壁の突破方法が見えた瞬間や、出力された計算結果から元々想定していたテーマを超越するストーリーへの扉が見えた瞬間に、跳び上がりそうになるが研究者である。
研究テーマがイケそうかという判断はほとんど身体感覚的ですらあるし、アイディアがひらめく時は、頭の中がジンジンし鼻の奥がツンとなる。一方、何も思いつかない時は、頭の中から掻きたくなる。

惑星科学は、この世界の在り様を知りたい、という意味で「宇宙論」であると思う。誰もが一度は考える問題だと思う。その意味で、研究現場で 「何が」考えられているか、ということだけでなく、「どういう雰囲気で」「どういう動機で」研究が行われているかを伝えることの意味は大きいのではないか。これは、専業している側から一方的に伝えるということではない。「みんなの宇宙論」を研究しているからこそ、専門バカになることなく、正しい態度であり続けなければいけない研究者にとっても、大きな意義があるのだ。

藤本 正樹 (JAXA・宇宙科学研究所 教授)

「理の惑星」をつくる主な科学者

荻原 正博
所属:国立天文台 理論研究部 特任助教 (理学博士)
研究:惑星形成・衛星形成
堀 安範
所属:自然科学研究機構 アストロバイオロジーセンター/国立天文台 太陽系外惑星探査プロジェクト室 併任 特任助教 (理学博士)
研究:惑星形成・進化、惑星大気
原川 紘季
所属:国立天文台 TMT推進室(理学博士)
研究:太陽系外の惑星探索
國友 正信
所属:名古屋大学 素粒子宇宙物理学専攻(理学博士)
研究:惑星形成・恒星進化

「理の惑星」をつくる主な技術者

主宰:横田 東母子

製作・著作・企画・制作:宮本 アシタ 横田 東母子

Flash制作:上野 賢一(Twitter @keno42

理学博士:立浪 千尋

「理の惑星」へのお問い合わせ

planetarhythm[at]rochelimit.jp
[at]を@マークに変更してください。

ページトップへ戻る