誰だって、本当のことを知りたい。世界をにぎわす様々な知らせを、伝わる言葉で。

ホーム

宇宙を知る

惑星科学クイズ

最新の研究結果を、わかりやすく伝える

惑星科学クイズ

惑星科学ナイトで出題された惑星科学クイズの問題と解答です。全問正解したあなたは、惑星科学者の素質があるかもしれません!

1. 2010年に地球へ帰還した「はやぶさ探査機」の地球出発前の名前は?

  1. (a) Astro-C
  2. (b) MUSES-C → 正解
  3. (c) Planet-C

# Planetの称号は主に惑星探査機に用いられ、Astroは、X線, 電波, 赤外線などの天文衛星に用いられます。

2. これまでに発見された太陽系以外の惑星(候補)は、およそ何個ある?

  1. (a) 180個
  2. (b) 1800個 → 正解(573+1235 = 1808個)
  3. (c) 18000個

# 今年の1月までは500個程度でしたが、2月1日にNASAのケプラー宇宙望遠鏡が1235個、新たな惑星候補を発見したと発表されました。

3. 月の誕生や天王星が横倒しになった原因とされる天体衝突の現象は?

  1. (a) ディープ・インパクト
  2. (b) ジャイアント・インパクト → 正解
  3. (c) セカンド・インパクト

# 巨大衝突ともいわれ、地球・金星も火星サイズの天体同士が巨大衝突して出来たと考えられています。

4. 現在世界一の性能を持つ装置で星の運動の速さを測定すると、どれくらいの精度で測れる?

  1. (a) 1cm/s
  2. (b) 1m/s → 正解
  3. (c) 100m/s

# 何十光年も離れた天体の人が歩く位の速度が分かる!!

5. 太陽「以外」の恒星を周る惑星「系外惑星」を探す天文学者のことを俗に何という?

  1. (a) プラネット・サーチャー
  2. (b) プラネット・ハンター → 正解
  3. (c) プラネット・デストロイヤー

#1995年に最初の系外惑星が発見されました。最近は 1年間に50個以上ものペースで見つかっています。

6. 金星の大気の主成分は次のうちどれ?

  1. (a) 窒素
  2. (b) 二酸化炭素 → 正解
  3. (c) 水蒸気

# 金星の大気はほとんど二酸化炭素で構成されています。

7. 惑星の軌道周辺において、惑星から見て小天体が静止し続けることができる点のことを天文学では何と呼んでいるでしょう?

  1. (a) トリプルポイント
  2. (b) ソニックポイント
  3. (c) ラグランジュポイント → 正解

# 惑星の軌道周辺には5つのラグランジュポイントがあります。

8. 地球の自転周期は1日です。では、月の自転周期はどれくらいでしょう?

  1. (a) およそ1日
  2. (b) およそ1ヶ月 → 正解
  3. (c) 自転していない

# 月の自転は27日7時間。公転も同じなので、月は常に同じ面を地球に向けている。

9. 天体物理学には、Rocheという名前がつく専門用語が3つあります。「恒星の周りにある惑星、もしくは惑星の周りにある衛星をそれぞれ恒星・惑星に近づけていったとき、ひしゃげて壊される場所」を指すのはどれ?

  1. (a) Roche lobe
  2. (b) Roche sphere
  3. (c) Roche limit → 正解

#Roche lobe, Roche sphereは重力が及ぶ範囲のことです。

10. 惑星は恒星をとりまくガス状の円盤の中で成長したと考えられています。その円盤の中のほとんどはぐちゃぐちゃの乱流ですが、一部ではとても穏やかな流れになっています。その穏やかな領域の名前はなんというでしょう?

  1. (a) デッド(dead)・ゾーン → 正解
  2. (b) スリープ(sleep)・ゾーン
  3. (c) カーム(calm)・ゾーン

#乱流が死んでいるということで、デッド・ゾーンと呼ばれています。

一覧へ戻る

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ戻る