誰だって、本当のことを知りたい。世界をにぎわす様々な知らせを、伝わる言葉で。

ホーム

宇宙を知る

惑星科学ナイトから1ヶ月(ただしグレゴリオ暦に限る)3/4

最新の研究結果を、わかりやすく伝える

惑星科学ナイトから1ヶ月(ただしグレゴリオ暦に限る)3/4

惑星科学ナイトから1ヶ月。あの夜蒔かれた「サイエンスの種」は、みなさまの中で育っているでしょうか?

立浪 千尋(東京工業大学 地球惑星科学専攻)

その節は惑星科学ナイトへ御足労いただきありがとうございました。私自身あのようなパーティーに主催側として参加することは初めての経験であったため、実際にどのような雰囲気になるのか全然予想ができないままに始まってしまった、というのがパーティー開始時の正直な気持ちです。が、ふたを開けてみればたくさんの来場者の皆さんにお越しいただいて、とても楽しい時間があっという間に過ぎてしまいました。

私の個人的な意見で言えば、このパーティで、いろいろな分野で活躍している方々の考え方に触れることができた点がとても嬉しいことでした。みなさんに惑星科学を知ってもらうと同時に、私たちも一般の方々がどのような意識、思いでサイエンスと接しているのかということを知ることは、研究をしていく上での大きなモチべーションになります。 同時に我々科学者サイドでは思い付かないような面白い発想なども聞けたりして、実際そういう瞬間が一番楽しかったですね。
また、こういう説明をするとこのように受け取ってもらえるんだなとか、今まで違う分野の一般の人とサイエンスの話をするようなことはなかなか無かったため、私にとってとても新鮮で、かつ重要な経験になりました。

惑星科学ナイトの開催にあたっては様々な方にご協力いただきました。Roschelimitご友人の方々には参加者であるにもかかわらず、裏方のお仕事を引き受けていただき非常に助かりました。また惑星科学者サイドとして参加してくれた東工大のみなさんや名古屋からはるばる来ていただいたお二人にも、とても感謝しています。誠にありがとうございました。

願わくばこのきっかけを通じて、さらに皆さんとのつながりを深くしていければと思っています。では、またお会いできる日を楽しみにしています。

惑星科学クイズの答えと解説

Q. 惑星の軌道周辺において、惑星から見て小天体が静止し続けることができる点のことを天文学では何と呼んでいるでしょう?

A. ラグランジュポイント
惑星の軌道周辺には5つのラグランジュポイントがあります。これは小天体を惑星と同じ角速度で恒星の周りにおいたときに、恒星からの重力・惑星からの重力・遠心力の3つの力がちょうど釣り合う点が、5つ存在しているということです。そのうち恒星と惑星を結ぶ線を底辺にした正三角形を作る2つの点では、軌道が安定しています。実際に木星のラグランジュポイントにはトロヤ群と呼ばれる小天体の群れがたくさん存在しています。

一覧へ戻る

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ戻る