理は、ささやかな日々の中で息を潜めている。この街の、無数の物語。それは惑星の秘密へと繋がる道。

ホーム

物語を読む

「落ちる」旅人(タイプII 惑星移動)

物語に隠された、惑星の秘密

「落ちる」旅人(タイプII 惑星移動)

秋の季節に、舞い散る落ち葉は優雅に空中を旅しながら、やがて地面へ着陸する。
そう、彼らは瑞々しい青葉として生まれた瞬間から「落ちる」運命だったのである。

ボクも彼らと同じ「落ちる」運命にある。しかし、手を離れたリンゴや落ち葉が地面に引き寄せられるように落ち行くのではない。ボクは流れに身を委ねるように「落ちる」。

いわば、 山間を蛇行する川に浮かぶ落ち葉のような、「落ちる」旅人なのだ。

ボクらの旅立ちは、成長の証でもある。
一人前となり、周囲から独立した大人になれなければ、旅には出してもらえない。

旅人になれるかどうかは、生まれ育つ環境で決まる。どうやら、ボクは恵まれた環境にいたようだ。そのことは同時に、ボクは生まれた時から「落ちる」運命にあったということだ。

さぁ、いよいよボクにも、遂に旅立ちの瞬間がやって来た。
流れに抗うことなく、身を任せて、さすらいの旅へ出掛けるとしよう。

物語一覧へ戻る

※惑星生成シミュレーターの『タイプII 惑星移動』の制限が解除されました。

ページトップへ戻る