理は、ささやかな日々の中で息を潜めている。この街の、無数の物語。それは惑星の秘密へと繋がる道。

ホーム

物語を読む

甘い魔法(連星小惑星)

物語に隠された、惑星の秘密

甘い魔法(連星小惑星)

バレンタインデーを目前に控えて、チョコレートを買い求める女の子たちで、街はちょっとしたチョコレート祭り。そんな中、ひときわ賑わうお店「Asteroid」がある。
なんとそのお店のチョコを好きな人に渡すと、カップルになれるらしい。私もそのステキなチョコが欲しくなり、寒空の下、 意を決して長い行列に並ぶことを決めた。

「遠くにいる大切な人に渡したい」、「いつもそばにいてくれる人に渡したい」、「すれ違ってばかりのあの人に想いを伝えたい」……周りの女の子たちは、そんな思い思いの気持ちを胸に抱えてチョコを買いに来ているようだ。

1時間待ってようやく自分の番になり、「縁結びチョコ」を買うことができた。

「縁結びチョコ」は、蝶結びのリボンで飾られたピンクの包装紙に包まれていた。ふと「縁結びチョコ」の側面に目をやると、一つ折になった一枚の紙がリボンに挟みこまれている。

紙の表には『ご利用の前に必ずお読み下さい』の文字。私は不思議に思いながら、おそるおそる紙を開いた。

『みなさんの想いを叶えてくれる魔法のチョコ 、
お買い上げありがとうございました。
ただし、一点だけご注意下さい。
魔法のチョコの成功率は20%。
魔法が効くのは、5人に1人です。
でも5人に1人、必ずあなたの想いを叶えてくれます。
みなさんにステキな一日が訪れることを願って
──Asteroid』

読み終えると、私は目を閉じてゆっくりと一呼吸した。
そのあと、紙を両手でそっと閉じ、空を見上げる。

20%に賭けてみよう。

物語一覧へ戻る

【解説】連星小惑星

バレンタインデーはチョコレートを渡して、 相手に思いを伝える日。 今日、恋人同士になれた方もいらっしゃると思います。

バレンタインデーに似た惑星科学の話をご紹介したいと思います。 それは、同じ大きさ同士の連星小惑星 (binary asteroid)です。

連星小惑星とは、2つの小惑星がお互いの重力で引き合い、束縛し合う小惑星のペアです。こうした連星小惑星になるために、もう1人の手助けが必要だと考えられています。

もともと、1つの大きな小惑星と小さな小惑星が一時的なパートナーでした。そこに、大きな小惑星がやって来て、小さな小惑星と入れかわり、2つの大きな小惑星同士が互いに束縛し合う、新たなペアになったとされています (専門的には、三体反応と言われます)。

さながら、小さな小惑星がチョコレートの役割を果たして、2つの大きな小惑星のペアである恋人同士が誕生した感じですね。
ペアになろうとしていた大きな小惑星は、遠くでずっとペアになれる瞬間を待っていたのかもしれません。はたまた、すぐ近くにいたのだけれど、なかなかペアになれなかったのかもしれません。はたまた、これまでに幾度もすれ違っていたけれど、ペアになれていなかったのかもしれません。

こうした目で見てみると、大きな小惑星は、まるでバレンタインデーに想いを伝える女の子に似ているように思いませんか?

ページトップへ戻る